バナナでダイエットをする方法

ダイエット手法は種種ありますが、バナナでダイエットができるのでしょうか。ダイエットにバナナを使うのは、多くの滋養分が豊潤で植物繊維の多く含む食品でありながら、低カロリーだからです。体重を減らすには、食事制限やスポーツが一般的です。基本的な考え方はごく単純で、食べるカロリーより使うカロリーを少なくすることです。けれど、体重を減らすためにとしゃかりきになって滅茶な動きをしたり、食べる量をぎりぎりまで減らしては健勝を害します。厳しいダイエット計画を立てても、精神的にストレスが溜まるばかりが長く続けられませんから、無理のないカロリーコントロールが重要です。バナナは、これらのような課題をクリアしてくれる役立つ食品といえるでしょう。バナナのカロリーは高い印象があるかもしれません。一般に、体調を崩した時や運動前にはバナナがいいといわれているからです。ですが、それほどバナナのカロリーは多くないのです。バナナに含まれている種種の糖質により、活力が長時間供給されるため、病気の人やスポーツをする人によいとされるわけです。時間をかけて少しずつ身体へエネルギーを与え続けることができるバナナは病人やスポーツ前にぴったりですが、これは多種多様な糖類がじっくりと吸収されるためです。また、様々な滋養分が含まれている点もバナナのメリットで、バナナは食物繊維やカリウム、マグネシウム、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、葉酸などを含みます。バナナダイエットは、きちんと食べて健康的に痩せるおすすめダイエット方法なのです。

 

ランニングダイエットの目安

どのくらいの競走で、ダイエット結果を期待できるのでしょう。脂肪組織を燃焼させることが、体重を減らしたい時の基本的な考え方となります。脂肪組織を燃焼させるには、十分な酸素を必要とするため、ウォーキングや競走などの有酸素運動は、ダイエットに効果的です。競走でダイエットする場合は、1キロ走ると体重1キロあたり1キロカロリー消費すると言われています。自分自身の生活のリズムや、走るペースを考え、1回のランニングで何キロ走れるのかを決めましょう。初めはむちゃせずゆっくりとランニングしましょう。ランニングのようなトレーニングは、20分程度は続けなければ脂肪の燃焼が始まりません。ペースを維持しながら、20分は休まずに走りましょう。まだ慣れないうちは、競走の合間にウォーキングの時間を挟むなどして休まず動き続けるようにしましょう。ただし、競走中に止まってしまっては意味がないので、ウォーキング時でも早めのペースで、散歩のようなのんびりした歩き方にならないように気をつけながらウォーキングをします。ランニングはダイエット効果があるだけでなく、最大酸素摂取量を高めて心肺機能を向上させる効果があります。日々の生活にランニングを取り入れ、自分なりに続けやすそうなペースやコース、時間配分などを決めてダイエットに組み入れてみましょう。お気に入りのコースを何パターンか見つけておくと長続きしますよ。

SNSでもご購読できます。