ピーリングジェル使用のメリット

ピーリングジェルを利用すると、乾燥皮膚の角質が整えられ、毛穴の不潔が取り除かれることが魅力です。表皮の基底層で日々作られる細胞が変化して、上辺の方へと押し上げられていくのが角質細胞といいます。角質細胞は古くなると、およそ28日のサイクルであかとなり、皮膚の表面から落ちるのですが、これが皮膚のターンオーバーです。ピーリングジェルは、この皮膚のターンオーバーが規則的になるような力を発揮します。皮膚のターンオーバーが正しく行われていると、皮膚は健康な状態を保ち、若々しくいられるのです。皮膚が乾燥したりして揉め事を起こしていると、皮膚のターンオーバーも乱れ、古い角質は表面に残りがちです。
皮膚がくすんだり、ゴワゴワとした皮膚になってしますのです。こういった肌の問題を解消するために、ピーリングジェルを使って角質を落とすといいのです。ピーリングジェルを適用して、肌表面の不要な古い角質を取り除いて、ターンオーバーを円滑にすることによって、乾燥肌を進展し潤いのある皮膚を再生します。ひとつだけピーリングジェルを使用する際に注意する点は、必要以上に角質を取り過ぎないようにすることです。ピーリングジェルで素膚に必要な角質までも取ってしまうと、角質細胞の保湿力や防御力が落ちてしまうのです。それが原因でいろいろな肌のトラブルを起こすことになるので気をつけましょう。

 

ボトックス注射の注意点

いくつかボトックス注射をするときには警告点があります。ボトックス注射を顔面のシワに対して受けた当日ですが、洗顔や洗髪、入浴などをすることは問題ありません。何も影響はないでしょう。メイクも個人差によりますが、ボトックス注射の場合は受けた当日から可能なケースもあります。けれど皮膚への負担のことを考えると、できればボトックス注射をした当日はメイクを控えるようにしたほうが安全です。皮膚への負担をかけないという意味で、サウナや按摩などは控えることも注意点です。注入したボトックスが分散してしまう可能性があるからです。せっかくの美肌効果が台無しになってしまいます。このボトックス注射の注意点ですが、筋肉にボトックスが作用する美容療法だということがあげられます。軽い顔色の麻痺や、まぶたが重く感じるなどの副作用が治療後に出る場合もありますので気をつけましょう。普通の副作用はボトックス注射から2週間程度で回復するといわれています。もしこの副作用が長く続くようであれば、施術したところに相談しましょう。ボトックス注射の利き目は永久ではなく、3ヶ月~6ヶ月程度と言われています。そしてこのボトックス注射の効果を維持するには、継続的に治療を受ける必要があることも忘れてはいけないことでしょう。

SNSでもご購読できます。